JAPEIC 一般財団法人 発電設備技術検査協会

試験研究 Research & Development

TOP >事業紹介 >試験研究 >シンポジウム





シンポジウム等の主催・共催
名称 概要 開催年月日
NDE国際会議
(主催・共催)

 NDE国際会議は、機器の構造健全性評価にNDEがどれだけ寄与できるかという観点を主眼にして、深化したNDE手法やNDEの実機への適用およびNDEの性能評価等についての議論を行うと共に、専門家の国際的な技術交流を通じてNDEの発展に貢献するものです。

第7回
(参考:PDF
2009/5/12-14横浜ロイヤルパークホテル

NDEシンポジウム
(主催)

 原子力設備の安全を維持するうえで溶接継手部の健全性を確保することは必要不可欠であり、構造健全性を評価する分野ときずの有無や材質変化を非破壊評価(NDE)する分野の研究者/技術者の緊密な連携が、健全性をより一層確実なものに高めていくことは明らかです。このために、両分野の関係者が一堂に会して、研究開発や実機適用事例に係る現状及び課題を共通に認識して今後の研究開発の方向性を議論することで、原子力設備の安全性の維持・向上に大きく貢献することが期待されます。
 上記趣旨に基づいて、NDEシンポジウムを毎年開催しています。両分野の専門家同士の意見交換を通じて、原子力発電所における溶接構造物の信頼性の更なる向上を図る手がかりとしていきたいと考えています。

2016PDF 2016/11/18 東京大学
 山上会館
20152015/11/18
20142014/12/17
20132013/11/28
20122012/11/29
20112011/11/14
20102010/12/13
20092009/12/09
20082008/12/01
TOP