JAPEIC 一般財団法人 発電設備技術検査協会

試験研究 Research & Development

TOP >事業紹介 >試験研究 >概要


 当協会では発電設備に関する専門的な審査・検査を行っており、専門的な審査・検査と先端技術の調査・研究は車の両輪と考えております。

 試験研究事業では非破壊検査技術、溶接管理技術、材料評価技術を基盤技術として、主に発電設備の健全性評価に関する技術開発を行っています。

 開発や研究の成果を基に、新たな自主研究や受託研究などの業務や、国際協力などの活動に取り組んでいます。また、業務を通して獲得した新たな知見を取り入れ、基盤技術の強化・改善にも努めております。

試験研究概要

基盤技術

非破壊検査技術
・超音波可視化
・超音波シミュレーション
・3DUT法等の超音波探傷
・渦電流シミュレーション
・渦電流探傷
溶接管理技術
・残留応力評価
・溶接部析出予測
材料評価技術
・耐熱鋼寿命予測
・応力腐食割れのメカニズム解明