JAPEIC 一般財団法人 発電設備技術検査協会

製品認証 product certification


TOP >事業紹介 >製品認証 >概要


●製品認証業務概要


認証センターは、四半世紀にわたり火力及び原子力発電設備の安全性、信頼性の確保・向上並びに環境保全の一翼を担う活動で培われた実績を活かし、電気工作物の溶接部の製品認証に係る溶接管理プロセス、溶接施工法及び製品(溶接部)の認証、並びに溶接士技能の承認取得のパートナーとして、皆さまと共に社会的に高い評価と信頼の絆を築いていくことを目指しています。
2004年8月に財団法人(現公益財団法人)日本適合性認定協会から製品認証機関として認定され、品質方針に『どの顧客に対しても公平で高品質のサービスを提供し、行動規範を遵守すること』を掲げて、以下のとおり体制を構築しております。


◇認証センターは、公益財団法人日本適合性認定協会から認定されています。
製品認証機関(認定番号P0020)




■経験豊富な認証要員

電気事業法の指定機関(昭和45年発足)の時代から、溶接検査員に質の高い教育を行ってきた実績を有し、基盤技術となるNDE、溶接技術、ISO審査などに関する経験豊かな資格者を多数確保しています。
経験豊富な当協会正社員からプロセス審査員、溶接技術専門家及び製品評価検査員を認定し、また徹底した教育を実施するとともに高いレベルでの情報共有化を図り、高品質なサービスを提供いたします。


■高い技術力

広範な種類の電気工作物に関する多数の検査実績を有し、かつ溶接の技術基準に精通したプロセス審査員、溶接技術専門家及び製品評価検査員の高い技術力をベースとしてプロセス審査を行い、製品(溶接部)においては迅速かつ適確に溶接設計評価を行った後、適確な実地評価を行います。


■全国展開

認証センターは、現在協会本部(東京都港区芝大門)に事務所及び相談窓口、主要都市(大阪市、広島市、福岡市)に相談窓口と製品評価検査員を配置し、地域に密着したサービスを提供しております。

 

●民間製品認証制度とは?

電気工作物の溶接部を対象にした製品認証制度とは、認定機関からISO/IEC17065に適合すると認定された製品認証機関が、各溶接施工工場の溶接管理プロセスを評価するとともに製品溶接部の評価を行い、認証書を発行する制度です。

制度には、製品認証機関による溶接施工法の認証及び溶接士技能の承認も含まれます。
平成12年7月の改正電気事業法において、溶接安全管理審査制度が運用開始されました。


さらにこの制度の改善を目的として平成15年8月に安全管理審査実施要領の改正があり、溶接製品に対して民間製品認証制度が取り入れられることになったのです。この制度を活用すると、下記のようになります。

1.溶接施工工場での安全管理審査は基本的に行わず、電気工作物の設置場所で行うことになる

2.溶接施工工場は直接的に安全管理審査を受けることはなく、受審者=設置者となる

3.溶接施工法の認証や溶接士技能の承認についてもこの制度が適用できる

4.海外の溶接施工工場でも適用できる


◇溶接管理プロセスの認証基準:
「電気工作物の溶接部に関する民間製品認証規格(火力)」(TNS-S3101-2011)

◇製品(溶接部)の認証基準:
「電気工作物の溶接部に関する民間製品認証規格(火力)」(TNS-S3101-2011)