JAPEIC 一般財団法人 発電設備技術検査協会

発電設備検査 assists owner inspection activities of power plants

TOP >業務紹介 >発電設備検査 >業務一覧 >溶接事業者検査支援


発電技検は、昭和45年の協会発足から平成12年の溶接検査制度廃止までの間、電気事業法に基づく発電用電気工作物の溶接検査を実施してまいりました。

現在の溶接安全管理検査制度におきましては、発電用電気工作物の設置者に対して溶接事業者検査の実施が義務付けられております。


発電技検は、これまでの溶接検査で培った経験と専門的知識を活かし、電力会社が行う原子力発電所の溶接事業者検査に係る自主保安活動を支援し、溶接設計審査、検査(立会及び記録確認による合否判定)等の専門性を伴う業務を実施します。

 ・電力会社が行う原子力発電所の溶接事業者検査を支援します。
 ・材料検査、開先検査、溶接作業検査、熱処理検査、非破壊検査、
  機械検査、耐圧・外観検査等の検査(立会い及び記録確認)を実施し
  ます。
 ・検査に先立ち溶接設計審査を実施し、不適合を未然に防止します。
 ・検査及び溶接設計審査は、内部認定された経験豊富な溶接検査
  技師が実施します。
 ・溶接部が技術基準に適合していることを確実にします。