JAPEIC 一般財団法人 発電設備技術検査協会

事業紹介 business Outline

安全管理審査
登録安全管理審査機関として、火力発電設備の使用前安全管理審査、火力発電設備や風力発電設備の定期安全管理審査を行っています。
発電設備検査
定期事業者検査の立会・確認、溶接事業者検査の立会・確認、その他様々な自主保安活動の立会・確認、設計審査、試験評価などを行っています。
ISO認証
JAB認定のマネジメントシステム認証機関として、ISO9001、14001の認証業務を行っています。
製品認証
JAB認定の民間製品認証機関として、溶接施工工場の溶接管理プロセスの評価、製品溶接部の評価、溶接施工法の認証、溶接士の承認を行っています。
確認試験
民間製品認証が適用されない場合、第三者的立場から電気工作物に適用する溶接施工法と溶接士技能確認試験に関する評価を行っています。
規格基準調査
国内外の発電設備に関する規格基準の調査を行うとともに、JIS規格、日本機械学会規格、米国機械学会規格等の委員会に参加し、規格作成に貢献しています。また、日本電気技術規格委員会の溶接専門部会事務局として、火力発電の溶接関係の規格基準策定業務に貢献しています。
確性試験
新しい材料、設計手法、製造技術、修理技術、検査技術など、新技術の適用について、産業界の要請を受け、学識経験者等で構成される委員会で技術的根拠を精査し、技術基準への適合性を客観的に評価しています。
試験研究
非破壊検試験技術、溶接管理技術、材料評価技術を基盤として、発電設備の溶接構造物の健全性評価に関する技術開発を行っています。
溶接・非破壊検査研修
発電設備の溶接部の非破壊検査技術、健全性評価技術に関する専門研修や溶接の技術基準に関する研修を行っています。
PD研修
原子力発電所機器のき裂深さ寸法を測定する超音波探傷試験システムの性能実証認証制度(PD制度)におけるPD技術者の技量の維持・向上のための研修を行っています。