JAPEIC 一般財団法人 発電設備技術検査協会

沿革 History
昭和45年
  • 財団法人発電用熱機関協会として発足
  • 国の検査省略制度の導入を受けて、溶接検査業務を開始
昭和47年
  • 試験研究業務を開始
昭和49年
  • 確性試験業務を開始
昭和53年
  • 火力発電設備の定期点検確認業務を開始
昭和55年
  • 原子力発電設備の定期検査立会業務を開始
昭和59年
  • 国の指定検査機関として、火力・原子力発電設備の溶接検査及び火力発電設備の使用前・定期検査業務を開始
昭和60年
  • 財団法人発電設備技術検査協会に名称変更
  • 発電設備の溶接関連規格基準の調査・作成業務を開始
昭和62年
  • 溶接施工工場に対する工場評価業務を開始
平成7年
  • 発電設備の自主保安に関わる受託検査業務を開始
  • 研修業務を開始
平成9年
  • ISO認証業務を開始
平成12年
  • 国の指定安全管理審査機関として、安全管理審査業務を開始
平成15年
  • 安全管理審査機関が、指定制から登録制に移行
  • 工場評価業務を廃止し、製品認証業務を開始
平成16年
  • 溶接・非破壊技術センターを開設し、非破壊検査研修業務を開始
平成18年
  • PD研修業務を開始
平成20年
  • 溶接施工法及び溶接士の確認試験業務を開始
平成24年
  • 一般財団法人に移行
平成25年
  • 加工・再処理等の施工法及び溶接士の確認試験業務を開始
平成29年
  • 15万kW以上の火力発電設備や風力発電設備へ安全管理審査業務を拡大